本泉寺 埼玉県八潮市 /日蓮宗、葬儀、法事、水子供養、祈祷







本泉寺の紹介


ご祈祷とは神仏のご加護を願い所願成就を祈る事です。
人生には数々の節目があり、魔が入ることも多く、そういう時にこそ、悪い運気を吹き飛ばし、善い運気を導いてくるのがご祈祷です。
当山日蓮宗修法師鷹野善正(大荒行堂300日成満)がご相談をお受けし、加持祈祷を執り行います。





家内安全・除災得幸・身体健全・厄除開運・良縁成就・商売繁盛・就職成就
社運栄昌・事業繁栄・合格成就・交通安全・旅行安全・子宝成就・安産成就
発育増進・当病平癒・寿命延壽・心願成就・方位除け・厄除け他
家祈祷・地鎮祭・上棟式・開眼供養・閉眼供養など


本泉寺では甲子日(きのえね)に行う大黒天神祭にあわせて子大黒の開眼・授与を行っています。
日蓮宗では大荒行堂を300日成満した修法師に「大黒相承」の允可が与えられます。これは大黒天の秘法を相伝され、親大黒を寺院に勧請し祈祷することが出来る事を意味しています。
  子大黒とは、親大黒とつながり、各家庭には災難を除き家運の隆昌を、商店や会社、事業所には商売繁盛・千客萬来など、子々孫々に渡り守護神としてお祀りいただく仏様です。

左から
■一升枡入大黒尊天像 [拡大表示]
■五合枡入大黒尊天像 [拡大表示]
■一合枡入大黒尊天像 [拡大表示]





世界三大荒行の一つと称される日蓮宗大荒行堂。
加持祈祷を執り行う修法師は、11月1日から翌年2月10日までの100日間、千葉県市川市、大本山正中山法華経寺にて壮絶な苦行に身を投じ、自らの霊験を高め、秘伝の修法を授かります。
この真冬の100日間の修行では2時間ほどのわずかな睡眠と質素な食事の時間以外は1日7回の水行と読経三昧に日夜明け暮れます。
この厳しい修行を行うことにより、日蓮宗のご祈祷を行うことができるのです。